7周年記念イベントが 山中産業 スマートドリップフィルター 【★大感謝セール】

山中産業 スマートドリップフィルター

428円 山中産業 スマートドリップフィルター キッチン、日用品、文具 キッチン、台所用品 コーヒー、ティー用品 7周年記念イベントが 山中産業 スマートドリップフィルター 7周年記念イベントが 山中産業 スマートドリップフィルター 428円 山中産業 スマートドリップフィルター キッチン、日用品、文具 キッチン、台所用品 コーヒー、ティー用品 isf-cat.org,山中産業,428円,スマートドリップフィルター,キッチン、日用品、文具 , キッチン、台所用品 , コーヒー、ティー用品,/marsupialize1304376.html isf-cat.org,山中産業,428円,スマートドリップフィルター,キッチン、日用品、文具 , キッチン、台所用品 , コーヒー、ティー用品,/marsupialize1304376.html

428円

山中産業 スマートドリップフィルター

おいしく抽出できるようにスマートドリップフィルターは円すい形フィルターを採用しました。注いだお湯がコーヒー全体に行きわたり一点からゆっくり抽出されます。コーヒーの成分をじっくり抽出できるように考えられた形状です。









山中産業 スマートドリップフィルター

こちらの要望に素早く対応して頂き大変助かりました。是非また利用したいと思います。
丁寧な梱包で良かったです。ありがとうございました。
商品到着まで早かったです。このたびたびありがとうございました
丁寧に梱包して頂き、思ってるよりだいぶ早く届きました。暖かいお手紙もありがとう。また利用させて頂きます。

トップに表示

【中国】国家電投、アリババ及び京東集団と提携。分散型電源社会に向けエネルギーのデジタル化

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【日本】金融庁、ソーシャルボンドのインパクト指標例の確定。日本での発行拡大希求

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【アメリカ】年金給付保証公社、財政難の複数事業者年金制度支援の最終規則を発表。最大12.5兆円支援へ

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【日本】マイクロ波化学、昭和電工や三井化学と共同開発開始。量研とはリチウム実鉱石の溶解に成功

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【国際】気候債券イニシアチブ、グリーンボンド基準改定。基準や方法論を厳格化

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

News

【中国】国家電投、アリババ及び京東集団と提携。分散型電源社会に向けエネルギーのデジタル化

2022/07/19 最新ニュース

 中国発電大手・国家電力投資集団(国家電投:SPIC)は7月5日、アリババ・グループとの間で戦略的提携を発表。さらに7月6日には、京東集団(JD.com)との間で戦略的提携を発表した。通話・通信・デジタル放送のネットワークを融合(三網融合)させ、再生可能エネルギーの普及を念頭に、エネルギー分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現しにいく。  SPICは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】金融庁、ソーシャルボンドのインパクト指標例の確定。日本での発行拡大希求

2022/07/19 最新ニュース

 金融庁は7月15日、ソーシャルボンドガイドラインの付属書4として、「ソーシャルプロジェクトの社会的な効果に係る指標等の例」を公表した。5月に原案を発表し、パブリックコメントを募集していた。 【参考】「ソーシャルプロジェクトの社会的な効果に係る指標等の例」の確定について(2022年6月2日)  今回の発行により、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】気候債券イニシアチブ、グリーンボンド基準改定。基準や方法論を厳格化

2022/07/18 最新ニュース

 国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は7月6日、グリーンボンド基準「気候債券基準(CBS)」でセクター基準を改定。EU気候変動タクソノミーとの整合性を確認しつつ、適格性基準を引き上げた。  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ユミコア、中国でFCV向け電極触媒工場建設。EVでは全固体電池の性能向上で出光興産と提携

2022/07/18 最新ニュース

 ベルギー金属大手ユミコアは6月22日、中国常熟市に大規模な燃料電池自動車(FCV)用電極触媒工場を建設すると発表した。燃料電池自動車は、主に長距離走行の大型自動車の市場で急成長することを見込む。  同工場は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】ヤマハ発動機、再エネ転換で2035年カーボンニュートラルへ。水産保護でもNGOスポンサーに

2022/07/18 最新ニュース

 ヤマハ発動機は6月28日、2021年7月に発表した「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」に関し、スコープ3を含めた2050年カーボンニュートラル目標のうち、スコープ1と2の達成時期を2035年へと前倒した。オフセットも活用する。  スコープ1と2の削減では、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】金融庁、ESG評価機関向けの原則案発表。透明性や利益相反、品質、人材確保等

2022/07/18 最新ニュース

 金融庁は7月12日、ESG評価・データ提供機関等に係る専門分科会がとりまとめた「ESG評価・データ提供機関等に係る専門分科会報告書」を公表した。同時に、「ESG評価・データ提供機関に係る行動規範」の原案を公表し、パブリックコメントの募集を開始した。  金融庁の今回の動きは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】関西電力とオリックス、和歌山県で初の大型蓄電所事業を開始へ。スタンドアローン

2022/07/17 最新ニュース

 関西電力とオリックスは7月14日、和歌山県紀の川市で蓄電池発電所事業を実施することに合意したと発表した。設備容量48MWで、電力系統に接続。関西電力としては初のスタンドアローンの大型蓄電施設となる。  両社は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】金融庁、「金融機関における気候変動への対応についての基本的な考え方」発表

2022/07/17 最新ニュース

 金融庁は7月14日、金融機関に対し取引顧客の気候変動リスクを率先して進めることを促す「金融機関における気候変動への対応についての基本的な考え方」を発表した。5月26日までパブリックコメントを募集していた。 【参考】「金融機関における気候変動への対応についての基本的な考え方」(案)に対するパブリックコメントの結果等について  今回の文書は、金融庁が2018年に策定した「検査・監督基本方針」踏まえ、分野別の考え方と進め方として、金融機関 [...]

» 続きを読む

【日本】金融庁、中部電力関連会社エスコンアセットマネジメントに業務停止命令。忠実義務違反

2022/07/17 最新ニュース

 金融庁は7月15日、中部電力が50.03%出資する日本エスコンの子会社エスコンアセットマネジメントに対する行政処分を発表した。忠実義務違反の事案。  今回の事案では、エスコンアセットマネジメントは、エスコンジャパンリート投資法人の運用資産の取得に関し、複数の親会社からの取得物件の不動産鑑定評価を低く操作していた。具体的には、不動産鑑定を依頼する際、親会社の売却希望価格を上回る鑑定評価額を得ることを企図し、複数の不動産鑑定業者から不動 [...]

» 続きを読む

Case

【対談】明治安田生命とJRTT、CBI認証サステナビリティ債に係るエンゲージメント ~発行体と投資家の狙い~

2022/03/18 事例を見る

 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)は2月、CBI認証付きサステナビリティボンドを合計180億円発行した。年限は5年と10年。格付はR&IでAA+、ムーディーズでA1。JRTTは、2019年5月から四半期毎にサステナビリティボンドを継続発行しており、2021年度は総額820億円の大規模調達となった。  資金使途は、鉄道建設プロジェクトのリファイナンス。このプロジェクトでは、自動車と比べ、輸送量あたりの二酸化炭素排出量の小さい鉄道で、グリーン性を追求。加えて、輸送網拡充に伴う移動時間の短縮化で、目的地での [...]

» 続きを読む

【インタビュー】味の素グループは、なぜサステナビリティボンドで資金を調達したのか?

2021/12/25 事例を見る
» 続きを読む

【対談】東京都が国内自治体初のソーシャルボンド300億円発行 ~発行の意義と得られた成果~

2021/09/02 事例を見る
» 続きを読む

Study

【レポーティング】サイバーセキュリティのモニタリングとKPI設定 〜14の指標紹介〜

2022/04/17 体系的に学ぶ

 サイバーセキュリティは、ESGの要素の一つとして、近年、株主からの関心が高まっている分野。政府による規制や、取締役会での監督も重要になってきている。また、最高情報セキュリティ責任者(CISO)や最高情報責任者(CIO)は、サイバーセキュリティのリスクを管理し、個人を特定できる情報(PII)を保護する責務を負うようになってきている。  サイバセキュリティーに関しては、各国では法規制も整備されてきており、米グラム・リーチ・ブライリー法、 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2022年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

2022/01/19 体系的に学ぶ

 毎年1月が恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、2022年も2年連続で延期が決定。夏の開催が検討されている。  毎年のダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World (Global 100 Index)」のセッション。ここで発表 [...]

» 続きを読む

【環境】2021年の世界CDP Aリスト企業一覧 〜気候変動・ウォーター・フォレストの3分野〜

2021/12/09 体系的に学ぶ

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月7日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野での2021年度Aリスト入り企業を公表した。CDP気候変動では、今回272社がAスコアを取得。昨年の270社から2社増えた。3分野全てでAリスト入りした企業も世界で14社と過去最多となった。  3分野の国別A取得社数は、日本が55社で首位。米国29社、フランス22社、英国14社、ドイツ12社と続く。日本企業でAリスト入 [...]

» 続きを読む

【戦略】波紋広がる中国・習近平総書記の「共同富裕」政策 〜思想の背景とその影響〜

2021/09/23 体系的に学ぶ

 習近平中国共産党中央委員会総書記が8月17日に中国共産党中央財経委員会での演説の中で提唱した「共同富裕」政策。その後、中国の大手企業も相次いで呼応する声明を出したことが大きな波紋を呼んでいる。「共同富裕」とは何かをあらためてみていこう。 「共同富裕」とは?  「共同富裕」とは、もともとは、1950年代に毛沢東氏が社会平和を目指して揚げたスローガン。しかし、その後、第2世代最高指導者の鄧小平氏は、一部の人が先に金持ちになれるような経済 [...]

» 続きを読む

【金融】世界と日本のESG投資「GSIR 2020」の統計。世界のESG投資割合は35.9%に伸長

2021/07/15 体系的に学ぶ

 世界のESG投資額の統計を集計している国際団体のGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)は7月14日、ESG投資の統計報告書「Global Sustainable Investment Review(GSIR)」の2020年版統計を発表した。GSIAは、同報告書を2年に一度発行しているが、2020年統計の発表は2021年に遅延した。  GSIAには現在、世界各地域のESG投資協会7団体 [...]

» 続きを読む

【金融】グリーンシル問題とは何だったのか?〜サプライチェーン・ファイナンスの事の顛末〜

2021/07/01 体系的に学ぶ

 ロンドンを拠点とする金融会社グリーンシル・キャピタルが3月8日、裁判所に経営破綻を申請した。同社は、サプライチェーンでの決済を融通するサービス「サプライチェーン・ファイナンス」の世界最大手のひとつだったが、「深刻な財政難」に陥って崩壊した。この問題は一体どのように始まり、そしてどのような影響をもたらしているのか。 グリーンシル・キャピタルとは  グリーンシル・キャピタル(以下グリーンシル)は、オーストラリア人金融家のレックス・グリー [...]

» 続きを読む

Action

【7/21:無料ウェビナー】USSEC主催、日経BP総合研究所共催シンポジウム「大豆が拓く持続可能な未来・Soy Food and Sustainable Future」

 食のサステナビリティに対する社会的な関心が高まる中、プラントベース(植物由来)の食素材としての大豆に世界的な注目が集まるようになりました。同時に、大豆は、地球上の持続可能な食糧システムのバランスや人々の健康にも貢献する「プラネタリーヘルス・ダイエット」の観点からもあらためて大きな関心が高まっています。  日本の大豆食品の原料大豆の7割を占めるアメリカ大豆は、「サステナブル調達」がビジネスの前提となっている欧州と連携して、サステナビリ [...]

Rubbermaid(ラバーメイド) 耐熱スクレイパー L シリコンゴム・ナイロン 中国 BSK34001 1964

【8/22:ウェビナー】BSI、カーボンニュートラル(PAS 2060)概要解説・規格解説研修開催

 PAS 2060「Specification for the demonstration of carbon neutrality」は、カーボンニュートラルを実現し、実証するために制定された規格です。PAS 2060検証により、温室効果ガスの排出量を管理および削減するための取組みにおいて、信頼を維持するのに役立ち、また、組織の種類を問わず適用することができます。  PASの策定や、ISO認証・審査・トレーニングを行っているBSI ( [...]

» 続きを読む

【7/14:無料ウェビナー】ESGウェビナー: 初めての第三者保証にどう取り組むか(参加無料・要事前登録)

 国際的な認証機関であるLRQAリミテッドは、初めての第三者保証にどう取り組むかを紹介するESG無料ウェビナーを7/14に開催します。  ESG投資の流れを受けて、国際的にビジネスを行う企業にとって、気候変動や人権問題などサステナビリティへの取り組みとその情報開示が求められています。ESG情報に対しては法的な監査義務はありませんが、投資家や取引先は開示された情報の信頼性や比較可能性を重要視しています。そのため、自主的に第三者機関からの [...]

» 続きを読む

【6/23:無料ウェビナー】LRQA セカンドキャリアを考える ― 審査員・検証人という選択肢(参加無料・要事前登録)

 国際的な認証機関であるLRQAリミテッドは、主に第2キャリアとしてESG検証人・ISO審査員に興味がある方向けに実際の仕事内容を紹介する無料ウェビナーを6/23に開催します。  なぜ審査・検証機関で仕事をするようになったのか、検証人・審査員や講師になって大変と思うこと、素晴らしいと感じることについて、ESG検証人とISO審査員・講師が率直にお話をします。  無料でご参加いただけますので、少しでもご関心のある方は是非ご参加ください。 [...]

» 続きを読む

【5/24, 25: フォーラム】RI Japan 2022「世界で急速に進化するサステナブルファイナンスと日本の今」

 今や世界的なメインストリームとなったサステナブルファイナンスの中で、日本の機関投資家、金融関係者はどうプレゼンスを確保していくことができるでしょうか。  2022年会議では、国内外のオピニオン・リーダーが集結し、新しい時代の資本主義のありうべき実像を視野に、喫緊の理論的・実務的課題を討議します。  400以上の団体から参加する金融プロフェッショナルと、規制・政策と市場の動向、責任投資のベスト・プラクティスについて議論し、日本の持続可 [...]

» 続きを読む

【3/9:無料ウェビナー】世界水の日記念 WaterAid 企業連携ウェビナー :世界の水・衛生危機とその解決に向けたNGOの取り組み~インドの事例から

 3月22日は国連が定めた「世界水の日(World Water Day)」。この日に先駆け、世界水の日記念 WaterAid 企業連携ウェビナーを3月9日(水)に開催します。  持続可能な開発目標(SDGs)のゴール6は「安全な水とトイレを世界中」です。国際社会が、2030年までに、世界のすべての人々が安全な水とトイレを利用し、適切な衛生習慣を実践できるようにすることを目指している一方、世界では、現在も7億7,100万人が清潔な水を、 [...]

» 続きを読む

Links